自分との相性

CAD世の中にはAUTO CADの互換ソフトはいくつも発売されています。価格もそれぞれ違い、ソフトの機能も違ってきます。互換ソフト導入すると、コストを安く出来ますが、どのソフトを導入するかは、最終的には使う人との相性になるかもしれません。それは使う人が使いやすいと感じる互換ソフトを導入することになるのです。

使う人との相性は、互換ソフトの操作性やUIなどの見た目が、使いやすくて気に入るかどうかになります。いくら使い勝手が良いと言われるソフトでも、使う人が気に入らないと、あまりすすんで導入とはならないかもしれません。

互換ソフトの動作が軽いかどうか、ということも導入ではポイントとなります。やはり機能の多いCADソフトほど、動作は重くなる傾向にあり、パソコンの要求されるスペックも高くなります。動作か軽いかどうかは、ソフト自体の動作のみならず、出力する図面のファイルが軽いかどうかも関わります。CADソフトはデータを積み重ねるので、図面ファイルは重くなる傾向にあり、如何にして軽くできるかも、その互換ソフトの機能と言えます。AUTO CADに出力ファイルを軽くする機能はありますが、互換ソフトも似たような機能があると良いでしょう。