互換ソフトのオプション

男性互換ソフトは、AUTO CADと似ている方が使い勝手が良いです。それはファイル形式での互換性や、オプションなどの機能での互換性があります。また互換性以外にも、ソフト自体が使いやすいかどうかも、選ぶ基準の1つとなるでしょう。多機能すぎてもシンプル過ぎても使いにくいので、ほどよく機能のあるソフトが良いでしょう。

たとえば、不要な箇所の線を自動で取り除く、ねじ穴などの自動作成、JIS記号に対応しているなどあります。このような便利な機能があれば、互換ソフトであっても、AUTO CADのように図面作成がスムーズに行えるようになります。さらには、使用者が求める機能があるかどうかも重要となります。いくら高い互換性があっても、使いたい機能がなければ、互換ソフトを使おうとは思わないでしょう。

自分の使うOSやパソコンに対応しているかどうかも見ておくべきでしょう。最新スペックのパソコンだとほとんど問題はありませんが、古いOSを使うなどなると、最新の互換ソフトのCADは対応していないことがあります。対応していないと購入しても、インストールすることが出来ず、お金の無駄となってしまいます。最新スペックのパソコンにするにしても、余計にコストがかかってしまいます。